理念・基本姿勢

2002年8月、立川市内の二か所の水源井戸から有害物質が検出され、給水停止となりました。水循環を取り戻し、足もとの水源である立川の地下水や湧水を守るしくみが必要です。一方で、私たちは日々の活動を通して着実に人とのつながりを広げ、02年に立川・生活者ネットワークが政策として掲げた“子どもがいきいきと育つまち”につながるさまざまな施策を盛り込んだ「子ども総合計画」を市民参加でつくることができました。
 “私たち、市民にしかできないこと”や“私たち、ローカルパーティだからできること”がいつもあるのです。私たちが挑戦していくこと。それは地域から政治を変えていくこと、政治を身近な生活の道具として使っていくことにほかならないのです。