大河原まさこ と2枚目の投票用紙に書く

2016年7月9日 23時55分 | カテゴリー: 活動報告

参議院6年間の実績 *「公共事業チェック議員の会」事務局長として、全国の無駄な公共事業を見直す活動を強力に推進 *脱原発社会に向けて再生可能エネルギーの推進 *議員立法「被災者生活再建支援法」一部改正法案成立等々国分寺大河原まさこ

比例代表の投票用紙には、政党名ではなく 大河原まさこ とお書きください。

18日間の参議院選挙が明日の投票日を待つばかりとなりました。

憲法改正による歯止めをかけるための大事な選挙‼

 

私たちの応援する「大河原まさこ」元参議院議員は、今回は

全国比例区からの出馬となり、投票用紙の二枚目の「大河原

まさこ」と記名することで1票が届く仕組みです。

全国比例区から立候補する候補者は対象が全国の有権者であるために

北海道から沖縄まで日本全国の有権者が「大河原まさこ」と二枚目の

投票用紙に記載できる‼

が、東京選挙区(定数6人)は、まち中の掲示板に候補者ポスターが貼られている

一方で全国比例区は、掲示板にポスターも貼られず、公報も1人1人の政策などかけるスペースもない、、、、

全国比例区である2枚目の投票用紙に政党名か投票したい個人名を

記載できることを告げると「知らなかった」「違反じゃないか」「よく意味がわからない」という声がほとんどでした、、、

このような仕組みを教える報道もなく、丁寧な投票の仕方の解説の不備、

により解説するための時間を多くかけました。

また、住民票が立川にあるが地方の大学に通う学生は

時間もお金もないので帰って来ず、投票券も無駄になるばかりです。

とにも・かくにも、、、、泣いても・笑っても、、、、、

明日の投票日は、2枚目の投票用紙に「大河原まさこ」を

書いてください‼

みんなで水や土や空気を回復する、保全する命を基本とする

政策に邁進する「大河原まさこさん」を応援してください。