7月20日 夏休みがスタート 子どもたちの楽しい思い出がたくさんできますように・・・

2014年7月22日 00時17分 | カテゴリー: 活動報告

 夏休みがスタート!昨日と本日、2番組の納涼会、こんぴら橋会館祭りが開催され、9小・上砂川小学校の「和太鼓」が披露された。日本の伝統文化が子どもたちに人気となってきている・・・参加して「楽しい」「もっと上手になりたい」という子ども達の願いを、大人たちがかなえてあげようと地域・学校で頑張っていただいていることに感謝するばかり。

 一方で共同通信の「全国調査」によると親の育児放棄などが理由で自宅や路上に置き去りにされた18歳未満の子どもが2011年~2013年の間に「395人」いたと報道された。長時間放置により熱中症での死亡や餓死しているケースもあるということだ。                      かつて大阪で置き去りにされ発見された2人の幼児。家の中で食べ物のごみや糞尿で汚れた中で2人は死亡していた・・・                                          厚木市では、生きていれば中学生であるのに、5歳の白骨遺体で発見された男児。DV被害により妻が家を出て父子家庭となってからの悲劇だ・・・大人の問題により子どもの命が奪われるとは悲しいかぎりだ・・・

 密室に閉じ込めて見えない・見ないことで「リセット」したいのだろうか・・・この心理を想定した対応が必要となっている・・・東京都の児童相談所の職員の拡大や自治体の子ども家庭支援センターの機能強化や東京都と自治体との連携強化が必要なことはずっと求め続けてきている。予算の拡大を早急にし、専門職の配置をすべきだ。子どもの問題を優先課題とした予算づけが必要だ。