5月4日二重の虹が砂川の空に

2012年5月17日 16時29分 | カテゴリー: 活動報告

いいことが起こる前兆でありますように

 夕方5時20分頃、明日の「地下水の立川市の現状」報告の資料作りの準備に事務所へ向かうため、家を出て、近くの駐車場へ。
まだ、雨は降っているが西の空は明るくなり、「明日は晴れるかな・・・」と歩いていると、宅配ピザのお兄ちゃんが、私の家の方に向かって、携帯でパシャパシャと写真を撮っている・・・・
何だか不審に感じ、私は、車に乗り彼の後を追い、家の前に来ると・・・・

 なんと!目の前の空一面に、西から東へときれいな虹がかかっていた。思わず車を止め、携帯で撮影。パシャパシャと撮り続けた。
ピザやのお兄ちゃんは、この美しい虹を撮っていたわけです。
疑ってすまないという気持ちとそのおかげでこんなにすばらしい光景を見せてもらったことに心から感謝をした。
 くっきりとした虹。大きく空に半円を描いて見事なものでした。
見とれていると、その虹の上部にさらに虹が・・・・
二重の虹に感激と地震の多い中での怖さも感じた。何か起きるのだろうか・・・
 近くで虹を見ていた男性と話し、今までこんな二重の虹は見たことないと。またご近所の方も出てきて驚き、奥さんに知らに・・・
虹の出た短い間にいろんなことがありました。
 
 虹の架け橋・・・自然の贈り物に感謝をし、いいことが起こる前兆であることを祈るばかりです。