保育園・幼稚園・小中学校等の土壌の放射能測定や小中学校のプールの水質検査の実施

2011年7月1日 08時14分 | カテゴリー: 活動報告

6月議会最終日 6月23日

 放射能汚染に関する市民の陳情・請願や市民の不安の声が、保育園・幼稚園・小中学校等の土壌の放射能測定や小中学校のプールの水質検査の実施につながりました。

 6月議会最終日、議会前の議員全員協議会(非公式)の場で、市の実施する放射能測定の内容を報告しました。

 特に、低年齢の子どもを抱える親たちからの不安の声は、市や議員のところにも届き、放射能汚染・拡散は、生活の中での大きな不安につながっていました。
 他市が、国の対策を待つことなく、独自に放射能測定を行い始めた中、当初は、測定を行う予定はないと断言していました。市民の声」がしっかり届いたことによって、議会最終日に決断したことは、少々遅い対応となりましたが、ひとまず、市内の全体の状況が把握できることになりました。

 簡易測定機の計測の仕方を専門機関へ担当職員が研修に行きました。今後、市民への貸し出しや測定結果から状況を把握していく事が必要です。
 福島第一原発の状況は、まだまだ終息には程遠い状況です。放射能拡散に向けて身を守る対策を講じることを示すのも市の責務です。
 引き続き、チェックし、市民の声を届けていきます。不安に感じている人・一人で不安を抱えている人いきましょう。