合成洗剤ではなく、石けんの使用を!

2010年7月6日 22時00分 | カテゴリー: 活動報告

6月30日 シャボン玉月間に寄せる市長メッセージを依頼

 環境にも人体にも、より安全な石けんの利用をすすめる運動の中で、特にシャボン玉月間を設けて、それぞれの首長にメッセージを寄せていただいています。毎年恒例となり、今年も、生活クラブ生協の委員さんたちと清水市長を訪ね、コメントを依頼しました。新庁舎になって始めての市長室。(以前より広くなっていました。)

 清水市長は石けん派であり、利用もしているとのことです。
庁舎も合成洗剤ではなく環境に配慮した石けんの使用を示していますが、庁内や関係施設での「石けん」の使用にばらつきがあることを、生活クラブ・まち立川の委員長から指摘。グリーン購入に努めることもお願いしました。
 清水市長から「よく調べておきます」という返事をいただきました。

 一階には障がい者の方たちが働いている喫茶店があり、そこでお昼を食べて、庁舎をあとにしました。