地域福祉をすすめる地域福祉コーディネーター

2010年4月19日 22時05分 | カテゴリー: 活動報告

4月から、立川で2地区目の設置に期待します

 立川市では、地域福祉の拠点として、6箇所の地域包括支援センターが設置されています。(硬い名称で、まだまだ馴染んでいないかもしれません。)

 センターでは、高齢者の問題ばかりではなく、地域で、だれもが気持ちよく暮らすために、相談を受けること、問題解決のために一緒に考え、一緒に探して、時には一緒に活動して、地域福祉の向上をめざします。
 ここで、重要な役割が、地域福祉コーディネーターです。

 若葉町・栄町地域に続いて、この4月から、上砂町・一番町・西砂町の担当の地域福祉コーディネーターが設置されました。
 福祉のさまざまな困りごとで、「どこに聞いたらいいかわからない」ことも、一緒に考えてくれます。また、「何か社会貢献したいわ」という場合にも、人や活動を紹介して、思いをつなぐお手伝いをしてくれます。

 私は、現在、議会活動報告で、たくさんの市民とお話をしています。そこで、福祉の情報、介護保険のことなども、まだまだ、必要な人に届いていないと感じます。
 地域福祉コーディネーターの働きに期待しています。