豚をまるごといただく

2008年10月10日 15時27分 | カテゴリー: 活動報告

10月7日 豚肉学習会

 アイム登録団体である生活クラブ企画の豚肉学習会に参加しました。
 私は、今回で3度目の見学となる豚肉解体ですが、何度見ても平田牧場の方の包丁さばきと1頭の豚からいろいろな部位のお肉がとれることを目で見て、まんべんなく食べる必要性を感じます。
 肉は工業製品ではありませんから、みんなのニーズに応えた部位だけをつくることはできません!!ロース肉だけの豚、ヒレ肉だけの豚はいません!!消費者の意識としてもしっかりおさえなければいけないところです。

「元気な豚の脂肪は白い、病気の豚は黄色くなっている」とのこと。食べるエサや抗生物質の投与等、育て方で、肉の味がかわり、元気な豚は内臓を含め全て食されます。一般に出回っている市販の豚肉もそうであること願います。