ヤゴの救出大作戦

2008年6月27日 15時07分 | カテゴリー: 活動報告

08年6月8日—みらいパーク—水辺の楽校主催

 旧多摩川小のプールを使用してのヤゴの救出を行いました。
 2〜3才の幼児からおじいちゃん、おばあちゃんの参加に、思わず笑顔がこぼれました。
 ヤゴの救出は、立川の環境学習リーダーを中心にしたボランティアの方たちが市内の小学校20校をまわって行われています。昨年から、“いのちを救う”授業として全校まわっているので、それぞれの学校との打ち合わせや準備など、メンバーの皆さんは、たいへんな忙しさです。
 しかし、ヤゴの救出を通して、子どもたちが“いのちのたいせつさ”に気付いてくれたら嬉しいと語ってくれます。
 
 私も、実際に参加しました。水の中に入ってバチャバチャしながらヤゴを網ですくって見つけ出すのですが、ヤゴの様子を見たり、外の風を感じたり、子どもが目を輝かせて喜んでいる姿を見たりすることが、とても嬉しく楽しいひとときでした。
 帰りに、うちで育てるためにヤゴを持ち帰る子どもたちの後姿に「がんばって育ててあげてねー」と声をかけました。