稲橋ゆみ子の週間報告

2008年4月4日 17時37分 | カテゴリー: 活動報告

3月17日〜23日

3月17日(月)・文教委員会
3月18日(火)・庁舎建設特別委員会

3月19日(水)・第五中学校卒業式
 私が住んでいる地域の中学校で、赤ちゃんの頃から顔見知りの子どもたちの立派になった姿を見て、成長過程を回想しながら、感動の涙と笑顔で式となりました。元気なかけ声のある卒業式。
厳粛な式だから、私語なんてもっての外、という意見もあるかと思いますが、微笑ましいものでした。

      ・保育課 ヒアリング

3月21日(金)・本会議(一般質問)
 私は、予算特別委員会委員であったため、一般質問はできません。
      ・自治基本条例研究会 交流会 参加
 市民の“生の声”が聞けました。議会傍聴をする市民が増えることが、議会改革につながると思います。

3月22日(土)・立川市と地元自治会等との話し合い 大山団地自治会館(立川基地跡地問題について)

      ・中高生イベント バンドクリニック&ミニライブ
 子ども21プランの子ども委員会の提案に基づいて、行政が動き、子どもたちの居場所となるよう、バンド演奏ができるよう、新しく楽器が購入されました。
 幸学習館で、中高生を対象としたバンドクリニックを見学しました。初めてギターやドラムに触れる子も、プロ講師の方の指導を受けて、演奏の楽しさを味わっていました。
 お祭りとして、たこ焼き・クレープ・飲み物の模擬店もあり、いただいたたこ焼きは本当においしかったです。活気があふれ、いつもと同じ学習館かと思うほど、若者が多く、“こういう利用の方法、人の集まり方もいいものだなあ”と改めて思いました。
 いろいろな人が継続して使い続けられることは、地域の活性化にもつながると思います。

3月23日(日)・中高生イベント ダンスクリニック&ミニライブ
 昨日と同様、中高生が踊れるよう、遊戯室の床板を補修し、全身の動きが映る鏡(ぶつかっても割れないもの)を設置された幸児童館に行ってきました。
 いろいろなグループが、独自の踊りとクリニックしてもらった課題の共通ダンスを披露してくれました。昨日に続き、またまたパワーをもらいました。子どもたちの“元気”に感激すると同時に、子どもプランを着実に進めようとしている職員の方々に感謝しました。
 また、たこ焼き食べてしまいました。何回食べてもおいしかったョ!!