稲橋ゆみ子の週間報告

2008年3月13日 17時06分 | カテゴリー: 活動報告

2月18日から24日

2月18日(月)・給食を考える輪を広げよう くにたち福祉会館
 国立ネット主催で、立川・青梅・東大和・東村山・国分寺・国立生活者ネットワークの代理人が、各自治体の学校給食の報告をしました。
 給食センターの老朽化に伴う建てかえについては、共通課題となています。自校式を行っているところでは、委託化がすすんでいるようです。
 立川市では、2つのセンターを統合してPFIの手法で行っていくか、調査をして、調査結果を3月議会で報告する予定になっています。
 その他、食に関する安全性の取り決め等々、自治体ごとに異なっていることがわかり、よい点は取り入れ、問題については共有し改善に向けての議論をしていくことができればと思いました。

2月19日(火)・立川市の喫煙を制限する条例啓発キャンペーン
 市長・職員をはじめ、市民団体・自治会等の多くの方々の参加で声かけをし、ティッシュを配り、のぼり旗をなびかせながら、6月からスタートする条例の啓発を行いました。

      ・子ども21プラン推進協議会 傍聴
 小学校現場での人権教育の状況を聞きました。

2月20日(水)・朝遊説 玉川上水駅
 少しずつ朝の寒さが和らいできました。玉川上水の流れや木々の様子に春の訪れを感じました。

2月21日(木)・朝遊説 武蔵砂川駅
      ・玉川上水マンション協議会 出席
 いよいよマンション建設終了が間近となりましたが、粘り強く協議を続けた会の方たちの努力に感謝しています。大型車が通学路を通ることなくすみました。今後、管理会社、住民とも話し合いがもてるようにしていくことが周辺地域の保全にもつながります。

2月22日(金)・第八中学校 公開研究会 見学
 互いに学び合い、向上心をはぐくむ学習活動“学びの共同体”の教育環境づくり—講師 佐藤学氏(東京大学教授)
 少人数のグループに分かれた手法で底上げをし、荒れた学校を立てなおした佐藤学先生はお会いしてみたい方でした。話す内容・言葉一つ一つに力強さがあり、教育のあり方が伝わってきました。ぜひ、悩みを抱えている学校の先生に、聞かせたいお話でした。現場の先生・子どもたちが元気になることが、とても必要だと思うのですが・・・・

2月23日(土)・長島昭久 タウンミーティング 出席
 ガソリン等の暫定税率のことについて説明を聞きました。必要のないところに無駄に税金を使わない、当たり前のことですがしっかりと議論して欲しいです。

2月24日(日)・立川ネット定期総会

写真:2月16日 くらしフェスタ見学