稲橋ゆみ子の週間報告

2008年1月31日 16時54分 | カテゴリー: 活動報告

1月21日から27日

21日(月)・財政学習会(東京ネット)
      ・代理人会議
22日(火)・レポート配布(幸町)
23日(水)・会派会議
      ・立川市環境審議会 傍聴
24日(木)・石けん講習会参加(こんぴら橋会館)
25日(金)・団塊世代への次世代育成推進セミナー(アイム)

 基調講演講師の三沢直子さんは、精神神経科のお医者さん。絵を通した子どもの発達、IQではなくEQ(心の豊かさ)の低下が話されました。子どもを取り巻く環境の変化と共に、心の豊かさの下降、格差が見られるようになったことが、学級崩壊やきれる子ども等の要因となっていることの話には、納得できるものがありました。

26日(土)・野鳥の観察会(みらいパーク・多摩川河川敷 主催水辺の楽校)

 1時間で21種類の野鳥を見ました。オナガ,ヒヨドリ,カワウ,ムクドリ,アオジ,ホオジロ,ジョウビタキ,イカルチドリ,タヒバリ,アオサギ,コガモ,カイツブリ,コサギ,ハクセキレイ,セグロセキレイ,カワセミ,モズ,ツグミ,シジュウカラ,スズメ,ハシブトガラス
 澄みきった空気と青空のもとで、観察できました。みらいパーク(旧多摩川小)近くの多摩川の河原はとても気持ちの良いところです。子どもたちの環境学習の場、憩いの場として多いに活用されることを望みます。

27日(日)・自治連砂川支部 新年懇親会 ボーリング大会

 4年ぶり?のボーリングに思い通りにならず、悔しい思いをしましたが、125のスコアーがでたのでまぁまぁかな。ペアの相手にはスペアがとれずにごめんなさいの気持ちです!!

      ・夢たちフォーラム2008

 基調講演は「子どもたちに遊びを取りもどせ!」講師は写真家で元桐朋学園初等部校長の宮原洋一さんでした。
 子どもにとって遊びは脳や身体の発達に大きく影響することをお話や写真を通して教えていただきました。それも外で思いっきり身体を動かすことは、生きる力ににもつながることのお話は、ひとつひとつ頷けて、また次の活動の力をいただきました。
 市民応援団主催によるフォーラムは、とてもあたたかく、充実したものでした。市民と行政の協働がうまく成されていることに大変嬉しく思いました。皆さんありがとうございました。

写真:野鳥観察