立川駅での署名活動

2007年10月26日 11時55分 | カテゴリー: 活動報告

六ヶ所村再処理工場の本格稼動に反対する

 立川駅北口で、午後3時から4時まで、使用済み核燃料の再処理工場の本格稼動をストップするよう、署名の協力をを呼びかけました。
 
 青森県六ヶ所村にある「六ヶ所再処理工場」は、日本国内の各原子力発電所で燃やされた使用済み核燃料から、燃え残りのウランとプルトニウムを取り出す化学工場です。その本格稼動が来年2月に始まろうとしています。
 
 「六ヶ所再処理工場」は、本格稼動時、民生用では世界最大規模となる年間800トンもの使用済み核燃料を処理し、その過程で、大気中や海中に大量の放射能を放出します。

 放射能汚染は、自然環境とあらゆる生物に深刻な打撃を与えます。現地の人々だけの問題ではなく、豊かな農畜水産物の恵みを受けてきた私たち全体の問題です。

 遊説をしていると、柏崎の地震災害での刈羽原発の問題などで身近に感じている方は、声をかけて下さったり、進んで署名をしてくださいます。
 今年中にできるだけ、多くの方に呼びかけていきたいと考えています。