2006年度決算についての特別委員会

2007年10月15日 17時33分 | カテゴリー: 活動報告

初めての委員会、がんばりました。

 2006年度の一般会計・特別会計の決算について審議し、認定するかしないか判断をします。市のお金が適正に使われたか、無駄はないか、不足はないかと審議する非常に責任の重い委員会です。私は、副委員長という立場をいただき、10月1日から4日間務めさせていただきました。
 初めてのことで、戸惑うこともありましたが、(こんなことをいうと不謹慎かもしれませんが、正直言って)私はやっと市政全般を大きく捉えることができたのではないかと思います。

 2006年度予算の基本テーマを「市民力と連携のまちづくり」とし、様々な分野で市民参加と行政・市民との連携・協働の取り組みをするために、市政アドバイザーを使って意義のある各種の計画づくりができたことは評価したいと思います。しかし、市民参加から、分権型社会に対応する市民参画への道のりは長く、こうした計画をしっかり進行管理することやこうした取り組みに参加できない市民の声をどのように、政策策定過程や決定の場にのせることができるかなど、課題は多く、さらなる積極的な取り組みが必要だと考えます。

 写真上は、委員会開催中。黒板に会派ごとの質問残り時間が書かれる。
 写真下は、代理で委員長を務める。