新人議員の事務説明会

2006年8月2日 17時39分 | カテゴリー: 活動報告

派閥はいらない!会派はどうでしょう?

 7月5日(水)新人議員の事務説明会が市役所内でありました。
 今回当選した新人議員が集合し、議会事務局の役割、議会の進め方、会派に属することと属さないことの違い等々の説明がありました。

 立川では議会運営のため、議員3人以上で会派(交渉団体)を組むことができ、議会運営委員会や代表者会議のメンバーになることができます。会派を組まない場合は、メンバーにはなれません。
 
 会派を組むのは、政党ごとに3議員以上いる場合は良いのですが、2議員以下しかいない場合や無所属の議員の場合は簡単にはいきません。数だけ揃えれば良いというものではなく、考え方や政策などがともに進めていける範囲のものでなければ組めないからです。

 市議会議員は市民から直接選挙で選ばれます。それぞれが同等にまちづくりについて議論できることが必要です。会派に属しているかいないかで、待遇が違うことが良いことなのか、30人の市議会の中に会派は必要なのか、議会を体験する中でこれから考えていきたいと思います。