地下水は誰のもの

2006年6月9日 15時33分 | カテゴリー: 活動報告

 先日、私の遊説を聞いて地下水に関心のある方からメールをいただきした。環境の視点から地下水を守ることも必要ですし、飲み水として大事にしていくことも必要です。
 今、地下水ビジネスが盛んになっているそうです。メーカーが汲み上げに使う機械を開発して売り込んでいるようです。
 東京都は、地盤沈下の危険性から地下水汲み上げを規制していますが、規制を緩和するよう業者が働きかけているそうです。東京都の環境局では、地下水対策検討委員会をつくって検討を進めた結果、地盤沈下はとまりつつあるが、まだ予断を許さないという結論で規制緩和は早いとの報告が出ています。私たちが知らないところで、いろいろの立場から商売の道具につかわれていってしまうんですね。
 地下水は生き物すべての命をはぐくむものです。「命だいじの立川をつくる」がわたしの姿勢です。