豊さを実感できる充実の地域福祉を!

2006年6月3日 18時56分 | カテゴリー: 活動報告

『あったらいいな』を実現し福祉のまち立川をつくる

 介護保険制度が始まって5年。家族介護に疲れ、事件に到らないまでも、介護する側の思い通りにならない高齢者に対する虐待は、外に現れにくだけに深刻な問題です。
 介護保険制度は、介護の社会化を進めましたが、サービス量が増えれば、保険料に跳ね返ってくる制度である以上、制度ではカバーしきれない多用なニーズに応える「地域福祉」の充実が欠かせません。
 介護される側も介護する側も気持ちよく豊かな日常を過ごせるよう、地域福祉の充実を含めて介護の社会化をさらに進めていくことが必要です。

 豊かさを実感できる福祉のまちづくりを、市民と行政の協働で実現するよう提案します。
*歩いていける距離に、小規模多機能型の居場所をつくります。
*人材も含めた地域福祉の活用で、自立生活をサポートする家事援助や病院付き添い、移動サービスを実現します。